ヘルプデスクを辞めたい時は?

ヘルプデスク求人TOP >> ヘルプデスク関連のFAQ >> ヘルプデスクを辞めたい時は?

ヘルプデスクを辞めたい時は?

ヘルプデスクの仕事を辞めたいときは、他の企業と手続きなどは変わりません。必ず退職したい時期の1ヶ月前には上司にその旨を相談し、許可をもらう必要があります。また、失業保険などの手続きをしたい場合には、離職票などの書類が必要になりますから、その点も相談しておくといいでしょう。直属の上司が不明な場合であれば、チームリーダーや管理者に相談するようにしましょう。その人から、部署を総括している人に話を通してもらうと退職の手続きもスムーズに行えるはずです。

一番よくないのが、何の相談や連絡もせず、突然会社に行かなくなるという辞め方です。よく「ブッチ」「トぶ」などと言われるこの辞め方は、社会人としての責任感を大きく欠いた行動です。多くのヘルプデスクでは、オペレータの入れ替わりが激しいことから一定の経験を積んだ人には、退職に待ったがかかることもあります。そんな時でも、退職したい理由をしっかりと説明し、一人の大人として恥ずかしくない行動をとるようにしましょう。

ヘルプデスクでの仕事を辞めたくなる一番の理由は、クレーム処理がつらいからというものです。クレーム処理は、確かにストレスの溜まる仕事です。そこで重要なのが、どのようにしてストレスを発散するかという点です。友人とカラオケに行ったりご飯を食べに行ったり、家族に相談する時間をちゃんと見つけていますか?もし、今いるヘルプデスクの仕事が好きならば、安易に辞めようとは考えず、まずは身近な人に相談してみるのが得策でしょう。ヘルプデスクにも様々な部門がありますから、例えば顧客対応ではなく内での社員からの対応の窓口に移してもらう、電話対応ではなくメール対応の部門に移してもらうなど、対応策はいくつかあるはずです。それらを試しても、どうしてもヘルプデスクの仕事を辞めたいと感じたときに退職するようにすれば、後悔なく退職できるようになります。

退職することが決まった場合、特に社内でのヘルプデスクでは仕事の引き継ぎをする必要がある場合が考えられます。自分が身に付けてきた専門的な知識や、ある問題に対してどのように対応すればいいのかを別の人に教えるという、最後の仕事です。この引き継ぎがしっかり行われていないとヘルプデスク全体の仕事が滞る可能性もありますから、周囲に迷惑をかけないためにも、しっかりとこの仕事を終えるように心掛けましょう。特に、新しい社内システムなどが導入されたあとに退職することになり、そのシステムに特化した知識を持っている場合は、時間をかけてしっかり引き継ぎを行う必要があることを覚えておいてください。

ヘルプデスク求人が豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国可能 ★★★★★ 詳細



TOP

ヘルプデスク転職の基礎

条件別のヘルプデスク求人

ヘルプデスク関連のFAQ


Copyright (C) 2014 - 2018 ヘルプデスク求人ランキング【※厚待遇の転職先が見つかる!】 All Rights Reserved.