ヘルプデスクの面接対策は?

ヘルプデスク求人TOP >> ヘルプデスク関連のFAQ >> ヘルプデスクの面接対策は?

ヘルプデスクの面接対策は?

ヘルプデスクの募集に応募すると、最終的に採用をどうするかは面接試験の結果いかんとなります。中には書類選考はそれなりにクリアできるけれども、面接で落とされてしまうという悩みを抱える人も多いようです。面接試験で何度も落ちてしまう人は、面接での受け答えに問題があるかもしれません。よくやってしまう面接での失敗例として、仕事に関係のないことをアピールしてしまうという事例があります。

面接試験の中でも自己アピールは大変重要です。しかし面接試験で失敗してしまう人を見ると、仕事とは関係のない的外れなアピールをしていることが多いです。例えば中途採用の場合、IT業界などの実務経験を持っていることをアピールしないといけません。しかし趣味に関するアピールを行っているというケースも時折見られます。「ゲームの愛好者を集めてレクリエーションを企画したことがあります」といった感じです。当人とすれば、ヘルプデスクはコミュニケーションがポイントなので人とのかかわりを大事にしている所をアピールしたかったのかもしれません。確かに全く関係ないわけではないですが、直接ヘルプデスクの仕事内容とレクリエーションがリンクするとは考えにくいです。

面接官は応募者と面接するにあたって「当社のヘルプデスクの業務を任せられる人材かどうか」という所を見ているのです。的外れな所をアピールしても、仕事を任せようとは思いません。またこちらの意図を相手が理解していないとも解釈できます。そのようなコミュニケーションがスムーズにいかない、意思疎通がうまくできないような人には、なかなかヘルプデスクを任せようとはならないでしょう。人とのかかわり・コミュニケーションの部分でアピールしようと思ったことが、逆にコミュニケーションに難ありと考えられてしまいかねません。

もしヘルプデスクの面接試験で自己アピールをするのであれば、自分が仕事にどう向き合うのか、仕事をするにあたってどのようなスキルが身についているのかという所に重点を置きましょう。でないとせっかくの自己アピールが意味のないもの、下手すると上で紹介したような逆効果に終わってしまう恐れもあります。

中にはヘルプデスクの未経験者もいるでしょう。ヘルプデスクの募集を見てみると、未経験者でも歓迎と書かれている募集は多いです。もし未経験者であれば、なぜヘルプデスクの仕事をしたいのか、そしてどうして応募した会社で仕事をしたいと思ったのかを深く掘り下げて答えを準備しておきましょう。そうすれば、仕事への熱意を相手も感じて高評価につながる可能性があります。

ヘルプデスク求人が豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国可能 ★★★★★ 詳細



TOP

ヘルプデスク転職の基礎

条件別のヘルプデスク求人

ヘルプデスク関連のFAQ


Copyright (C) 2014 - 2018 ヘルプデスク求人ランキング【※厚待遇の転職先が見つかる!】 All Rights Reserved.