ヘルプデスクで楽な業界はある?

ヘルプデスク求人TOP >> ヘルプデスク関連のFAQ >> ヘルプデスクで楽な業界はある?

ヘルプデスクで楽な業界はある?

ヘルプデスクは、どの企業でも専門的な知識と顧客に満足してもらえる応対力が必要になる業種ですから、楽な業界というのは余りないかも知れません。ですが、社内SEのヘルプデスクであれば、その他の業界よりも多少楽であるかも知れません。

社内SEとは、会社の情報に関する部門を引き受ける部署などのことで、会社の中では情報システム部などと呼ばれたりしています。主な仕事は、会社で使うパソコンを管理したり、ウェブサイトの作成・管理を行ったりするものです。また、社内で利用するシステムを開発・管理することもあります。この中に、ヘルプデスクも含まれているのです。

社内SEのヘルプデスクでは、その問い合わせは顧客からではなく、他の部署の社員から受けることになります。例えば、新しいシステムの使い方がわからない、社内のパソコンの調子が悪いなどが主な問い合わせ内容となります。社員からの問い合わせですから、普通の顧客とは違ってある程度の専門的知識を持っており、同じ会社の仲間という意識もありますから、応対力に関しても他の業界よりうるさく言われることはないでしょう。

また、社内での対応という特徴から、定時で帰宅することができる場合が多いです。仮にヘルプデスクだけの営業時間が長い場合でも、他の部署の人たちが帰ってしまっていれば、問い合わせが入ることはほとんどありません。ですので、ほとんどの企業でヘルプデスクの定時は、その他の部署と同じというところが多いようです。

ただし、顧客応対と違う点は、より専門性の高い問い合わせが多いということです。例えば、パソコンの調子が悪いときなどは、ある程度のトラブルシューティングを試してからヘルプデスクに問い合わせて来ている場合がほとんどですので、パソコンの構造や、どこに問題が発生しているのかなどを見分ける能力が必要になります。また、その会社独自のシステムの使用方法についての問い合わせなどになると、それを開発した人と連携を取りながらの対応になる可能性もありますから、ある問題に対しての適応力が求められると言えるでしょう。

このように、メリットとデメリットがある社内SEでのヘルプデスクですが、かなり専門的な分野に携わることになるため、求められるベースの知識レベルが高いという特徴もあります。社内SEのヘルプデスクに入るには、他のIT関連の企業でシステム開発をしていたとか、ヘルプデスクの経験があるという人がほとんどのようです。特にITに関して造詣が深い方でないと、未経験での就業は難しいと言えるかも知れません。

ヘルプデスク求人が豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国可能 ★★★★★ 詳細



TOP

ヘルプデスク転職の基礎

条件別のヘルプデスク求人

ヘルプデスク関連のFAQ


Copyright (C) 2014 - 2018 ヘルプデスク求人ランキング【※厚待遇の転職先が見つかる!】 All Rights Reserved.