残業なしのヘルプデスク求人

ヘルプデスク求人TOP >> 条件別のヘルプデスク求人 >> 残業なしのヘルプデスク求人

残業なしのヘルプデスク求人

どんな仕事でもそうですが、もし会社から残業を命じられれば、断るわけにはいきません。アルバイトやパートであれば最初から働く時間が決まっているのが普通ですが、正社員の場合は残業や転勤や配置転換などは避けられません。しかしそんな働き方が、いま大きく変わろうとしています。安部政権が推進する経済政策「アベノミクス」の成長戦略の一環で、限定正社員と呼ばれる新しい働き方が提案されたからです。

限定正社員が提案された背景には長時間の残業を強いられて、脳溢血や心臓麻痺などで突然のように亡くなる過労死の問題があるからです。過労死は戦後の日本の高度成長を支えてきた中高年の働き盛りのビジネスパーソンに多かったのですが、最近では長時間の残業でうつ病や燃え尽き症候群による若者の過労死も多くなってきています。厚生労働省によれば過労死とは長時間の残業で高血圧や動脈硬化などの疾患が悪化し、脳血管疾患・虚血性心疾患・急性心不全などを発症し死に至る状態を指すと定義しています。

そのため厚生労働省では1ヶ月に80時間を超える残業が続くと、脳血管疾患や虚血性心疾患を発症する可能性が強い警告しこれを過労死ラインとしています。1ヶ月に80時間とはもし完全週休2日制であれば、1日に平均で約4時間の残業が続く状態です。しかし実際にはIT業界や大手居酒屋チェーン店などでは、月に100時間を超える残業など当たり前です。そのため体調を壊したり、うつ病になって休職する若者が急増しています。

なぜ20代や30代前半の若者に過労死が多いかですが、中高年のビジネスパーソンと違って体力の限界が分からないからです。頑張りすぎてある時に限界を超えて、突然のように過労死してしまいます。福岡のIT会社や大手居酒屋チェーンのワタミでは、それぞれ過度な残業が原因で女性社員が過労死して社会問題にもなりました。特に入社2ヶ月後に過労自殺したワタミの女性社員の場合は最終電車の間に合わずにお店で寝泊りしていて、このことが理由でワタミは2013年のブラック企業大賞に選出されました。

この過労死を防止するために導入されたのが限定正社員で、正社員と違って転勤や残業がないので無理をして働く必要がありません。実は限定正社員は銀行などの金融機関では既に導入されていて、アルバイトやパートのような非正規雇用ではないので突然に解雇されることもありません。このサイトに掲載されているマイナビエージェントやリクルートエージェントなどの、ランキング上位の転職エージェントにも限定正社員の残業なしのヘルプデスクの求人が多く掲載されています。

ヘルプデスク求人が豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国可能 ★★★★★ 詳細



TOP

ヘルプデスク転職の基礎

条件別のヘルプデスク求人

ヘルプデスク関連のFAQ


Copyright (C) 2014 - 2018 ヘルプデスク求人ランキング【※厚待遇の転職先が見つかる!】 All Rights Reserved.