外資系企業のヘルプデスク求人

ヘルプデスク求人TOP >> 条件別のヘルプデスク求人 >> 外資系企業のヘルプデスク求人

外資系企業のヘルプデスク求人

最近では外資系企業への転職を、真剣に考えている方が増えています。外資系企業に人気が集まる理由ですが英語など得意な外国語を使えることや、成果主義の外資系では自分の頑張り次第で大幅な年収アップが不可能でないからです。戦後の日本では終身雇用や年功序列などの、独自の雇用制度で経済成長を成し遂げてきました。しかしグローバル経済社会の中では従来の雇用制度では世界の企業とは戦えず、さらに急速に進む少子高齢化で国内の市場も収縮し始めています。

これらのことから40代や50代の中高年がリストラの対象になり転職を余儀なくされ、20代や30代の若い世代もその光景を目の辺りにし会社への忠誠心が薄れています。そのため実力さえあれば男性や女性などの性別の差別や、年齢による応募の制限もない外資系企業は誰にでも平等に出世できるチャンスが与えられます。さらに日本の企業とは異なり上司と部下の上下関係もあまり気にする必要がなく、与えられた仕事をちゃんと行えば残業などもする必要がありません。

社員の自主性や主体性が大切にされる外資系企業が多く日系企業のような、休日出勤やゴルフや飲み会などの付き合いもありません。営業職なども日系企業のような接待ゴルフなどなく、服装も比較的に自由なところが多く社風もフランクな感じです。勤務時間もフレックス制度を導入しているところも多く、オンとオフの区別ががはっきりしている上に有給休暇なども気兼ねせずに遠慮なく取れます。

ただその一方で外資系企業で働く、デメリットも当然あります。例えば成果次第で大幅な年収アップが期待できますが、もし目標の数字や成果が上がらなければ、出社してもそのまま上司の部屋に呼ばれ自分の荷物をまとめる光景も特に珍しい光景ではありません。外資系企業はいい意味でも悪い意味でもとてもドライで、利用価値がないと判断されれば直ぐにリストラされることなど日常茶飯事です。

それでも外資系企業には、日系企業にない魅力がたくさんあります。もし外資系企業のヘルプデスクの求人に興味がある方はこのサイトに掲載されているマイナビエージェントや、リクルートエージェントなどのランキング上位の転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者が外資系企業のヘルプデスクの求人の紹介は勿論ですが、英文での応募書類の書き方から英語による面接の指導なども、親身になって全て無料で行ってくれます。

ヘルプデスク求人が豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国可能 ★★★★★ 詳細



TOP

ヘルプデスク転職の基礎

条件別のヘルプデスク求人

ヘルプデスク関連のFAQ


Copyright (C) 2014 - 2018 ヘルプデスク求人ランキング【※厚待遇の転職先が見つかる!】 All Rights Reserved.