英語が活かせるヘルプデスク求人

ヘルプデスク求人TOP >> 条件別のヘルプデスク求人 >> 英語が活かせるヘルプデスク求人

英語が活かせるヘルプデスク求人

ヘルプデスクの仕事に限らず楽天やユニクロを展開するファーストリテイリングのように社内の共通語を英語にしたり、最近では多くの企業では就職や転職の際にTOEICスコアが応募条件になっています。政府も2015年度からの国家公務員試験や総合職試験の、英語のテストにTOEICを使用することを決めました。これは2013年6月に行われた成長戦略会議の中でグローバル戦略を展開する、楽天の三木谷浩史社長の強い後押しによるものです。

このTOEICは韓国のサムスン電子では新卒の足きりに、900点という驚くような高いスコアを設定しています。日本国内では松下電器の国際広報担当であればTOEICスコア900点以上が求められいますが、その他にも野村ホールディングスの中途採用や富士通では海外出張者や、三菱商事では社内留学者には860点以上のTOEICスコアが求められいます。また社内での昇格にTOEICスコアを設定している企業も多く、例えば三菱商事では課長クラスや楽天の上級管理職や部長級は750点以上のTOEICスコアが必要です。

ソフトバンクも社員の採用にTOEICスコア730点以上を応募条件にしていますが、800点以上を取得すれば30万円の報奨金を支給し、もし900点以上を取った場合にはなんと100万円を支給しています。TOEICスコアの満点は990点なので、900点以上というスコアはかなりの難度です。では英語が活かせるヘルプデスクの求人とは、具体的にはどんなものでしょうか。

先ず一つは外資系企業のヘルプデスクの求人で業種によっても違いがありますが、外資系企業に転職をする場合は応募書類も英文で面接も英語で行われるところが多いのが特徴です。そのため最低でも700点以上のTOEICスコアは必須で、英語でのコミュニケーションが必要であれば、TOEICスコア800点〜900点が一つのラインだと考えて良いでしょう。メールや電話でのやり取りなど初歩的な英語であっても700点〜800点のTOEICスコアが欠かせません。

外資系企業の他にも外国人が多く在籍している企業のヘルプデスクの場合には、最低でも英語で日常会話など簡単なコミュニケーションができたり、英文での読み書きができる程度の英語力は必須です。もし英語が活かせるヘルプデスクの求人を探しているのであればこのサイトに掲載されている、マイナビエージェントやリクルートエージェントなどの転職エージェントであればきっと見つかります。

ヘルプデスク求人が豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国可能 ★★★★★ 詳細



TOP

ヘルプデスク転職の基礎

条件別のヘルプデスク求人

ヘルプデスク関連のFAQ


Copyright (C) 2014 - 2018 ヘルプデスク求人ランキング【※厚待遇の転職先が見つかる!】 All Rights Reserved.