30代向けのヘルプデスク求人

ヘルプデスク求人TOP >> 条件別のヘルプデスク求人 >> 30代向けのヘルプデスク求人

30代向けのヘルプデスク求人

どの業種でも、転職は30代から活発になってきます。中堅クラスとなって、プロフェッショナルと言えるほどの経験や知識、技術を身につけていますし、より良い待遇を求めてステップアップを考えるようになるからです。ヘルプデスクでもその傾向が見られ、30代の転職者は他の層に比べると多く見られます。企業側でもこのことを知っていますので、より優秀な人材を求めて30代を歓迎するというところもあります。その分、求めるものも多く、一定の資格を持っている人や、5年以上といったある程度の実務経験を積んでいる人を応募条件にしていることも多く見られます。やはり、30代でヘルプデスクへの転職を考えているのであれば、即戦力となる人材が求められますので、しっかりとしたスキルを持っていることが必要となるのです。

ヘルプデスクの中でも、求人が多めなのはやはりIT関連のサポートでしょう。企業内で、パソコンやネットワーク関連のトラブルが生じたときや、新しいソフトの導入が必要になったときなど、総合的な対応ができるというのがメインの仕事になります。そのため、情報処理技術者やITパスポートなどの資格を持っていると、採用の際にも有利になりますし、こうした資格保有者を歓迎すると求人情報に明記している場合もあります。求人を探す時は、こうした情報を細かくチェックすると良いでしょう。というのも、応募条件にこうしたスキルが求められる会社は、それだけ競争が少なくなりますので、該当するスキルや経験を持っているのであれば、より有利に採用にこぎつけるからです。たくさんの選択肢の中でも、より採用の可能性が高いものから応募していく方が、効率よく転職を行うことができます。

ヘルプデスクの仕事の中では、企業の中での対応だけでなく、一般のユーザー向けにサポートをするところも多くあります。こうした仕事においては、顧客に分かりやすく説明したり、親切な対応をしたりすることが求められます。企業側としては、難しくなりがちなIT関連の用語や説明を、簡潔に理解しやすい形で話せる能力のある人を求めるものです。そのため、面接の際に、あえて技術的な難しい質問をしてくることがあります。そこで聞きたいのは、正確な知識を持っているということとともに、いかに分かりやすくかみ砕いて説明するかということです。いくら完璧にその質問の答えを知っていたとしても、顧客が分かるような仕方で説明できないと、ユーザーサポートになりませんので、重要なポイントとなります。こうした業務を行っている会社の面接では、こんな点も意識しながら、分かりやすい話し方をするように心がけると良いでしょう。

ヘルプデスク求人が豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国可能 ★★★★★ 詳細



TOP

ヘルプデスク転職の基礎

条件別のヘルプデスク求人

ヘルプデスク関連のFAQ


Copyright (C) 2014 - 2018 ヘルプデスク求人ランキング【※厚待遇の転職先が見つかる!】 All Rights Reserved.