ヘルプデスクの募集時期

ヘルプデスク求人TOP >> ヘルプデスク転職の基礎 >> ヘルプデスクの募集時期

ヘルプデスクの募集時期

ヘルプデスクの仕事へ転職を考えている方にとって、ヘルプデスクの募集時期はとても気になるものです。このサイトのランキング上位のマイナビエージェントやリクルートエージェントなどの、転職エージェントにも多くのヘルプデスクの求人が掲載されています。2014年3月28日に厚生労働省が発表した有効求人倍率が、同年の前月より0.01ポイント上昇し1.05倍となりました。

求人倍率とは仕事を探している1人当たりに、何件の求人があるかを示す経済指標の一つです。つまり今回の厚生労働省が発表した有効求人倍率1.05倍とは、仕事を探している人の数よりも求人の数の方が多いということです。これはヘルプデスクの求人に限らず全ての職種や業種に対しても言えることですが、有効求人倍率が低ければ世の中が不景気でヘルプデスクの求人も少ないのが普通です。

2012年末の政権交代でそれまでの円高から円安傾向にと移行し、株価が上昇し自動車メーカーなど多くの企業の業績が改善しました。そのため2014年の春闘でも4000円のベースアップを要求していた、トヨタ自動車の労働組合に対して会社側は月2700円の回答を提示しました。このトヨタ自動車のベースアップは実に6年ぶりですが、日産自動車でも満額の3500円回答と多くの自動車メーカーでは、高水準のベースアップが実現しました。

三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行や三井住友銀行などのメガバンクでも、社員の基本給を一律0.5%引き上げることを決めました。三井住友銀などは実に19年ぶりのベースアップでしたが今回の春闘で1番驚いたのは、労働組合の要求額の2500円に対して1万円のベースアップを実施した餃子の王将です。この背景には2013年12月に何者かによって殺害された、前社長の経営理念でもあった従業員の幸せを実現したと考えられます。

ヘルプデスクの求人先で多いのはパソコンやプリンターなどの電機メーカーやOA機器メーカーですが、国内の大手電機メーカーでは早い段階にベースアップの実施を決めていました。経営再建中のパナソニックや日立やNECなどの大手6社に加えて、沖電気工業や安川電機の4社をあわせた10社では、2000円のベースアップの実施を回答しました。電機メーカーやOA機器メーカーの業績が大きく改善されている表れですが、それはヘルプデスクの求人にも大きく影響しています。

ヘルプデスクの仕事へ転職を考えているのであれば、景気の回復の兆しが見えるこの時期がチャンスだと言えます。

ヘルプデスク求人が豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国可能 ★★★★★ 詳細



TOP

ヘルプデスク転職の基礎

条件別のヘルプデスク求人

ヘルプデスク関連のFAQ


Copyright (C) 2014 - 2018 ヘルプデスク求人ランキング【※厚待遇の転職先が見つかる!】 All Rights Reserved.