ヘルプデスクの向き・不向き

ヘルプデスク求人TOP >> ヘルプデスク転職の基礎 >> ヘルプデスクの向き・不向き

ヘルプデスクの向き・不向き

どんな職業にも適正があり、自分に向いていない仕事は、何かあっても頑張りが効きません。新卒から入社して3年以内で会社を辞める第二新卒の多くも、日本の新卒一括採用の雇用制度の犠牲者とも言えます。在学中に内定が得られなければ既卒となり、学校を卒業した途端に就職活動が困難になります。そのため学生たちは本当は自分がしたい仕事でなくても、取りあえず就職してその仕事が向いていないと思い離職していきます。

転職をする場合でも大事なことはキャリアを積み上げていくことで、給与とか福利厚生など労働条件などを理由にむやみに転職をすることは控えるべきです。その仕事が自分に向いているかどうかは、就職や転職をする前によく自分の適性や価値観を考えるべきです。そのためには自己分析や職業適性診断がお勧めで、どのような仕事に向いているのか潜在的な可能性のことを能力適性と呼びます。

またこれまでにその仕事の経験やスキルがあったり訓練などを受けていて、就職や転職をしても直ぐにその仕事に適応できる能力のことを現有能力と呼びます。自己分析ができていないと、能力適性も分からず現有能力も身に付きません。自己分析とは自分の性格や本当は何がしたいのかや、どんなことが好きでどんなことが得意なのかを分析することです。実は自分のことは自分が最も知っていると思っている人が殆どですが、意外と良く分かっていないケースが多いのです。

大事なことは自分がやりたい仕事と自分に向いている仕事が、必ずしも一致しているとは限らないことです。例えばパソコンの操作などOA機器が苦手な人が、ヘルプデスクの仕事に就きたいと思っていても、とても向いているとは言えません。また人の話を聞くことが苦手な人や、新たなことにチャレンジするのが苦手な人もヘルプデスクの仕事には向いていません。ヘルプデスクの仕事はユーザーからの電話を、よく聞くことから始まるからです。

またパソコンなどのOA機器の操作なども新製品が次々と発売されているため、常に意欲的に学ぶ姿勢が欠かせません。もしヘルプデスクの仕事に興味があるのであればこのサイトのランキング上位の、マイナビエージェントやリクルートエージェントなどの転職エージェントに登録されてはいかがでしょうか。これらの転職エージェントの専任の担当者が面談であなたが、ヘルプデスクの仕事に向いているかどうかを判断してくれます。

その上でヘルプデスクの求人を紹介してくれたり、応募書類の添削や面接のアドバイスなども全て無料で行ってくれます。

ヘルプデスク求人が豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国可能 ★★★★★ 詳細



TOP

ヘルプデスク転職の基礎

条件別のヘルプデスク求人

ヘルプデスク関連のFAQ


Copyright (C) 2014 - 2018 ヘルプデスク求人ランキング【※厚待遇の転職先が見つかる!】 All Rights Reserved.